中継機(WEM-1266)のSSIDは、親機(メッシュAirStation)のSSIDと同じものが出る

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

メッシュネットワークの親機と中継機WEM-1266のSSIDについて説明。親機の設置時に、新規設置した場合と、引っ越し機能を使用して設置した場合とで、SSIDの個数が違う。

中継機WEM-1266のSSIDには、何が出るか。親機と同じSSIDが出る

前提条件

  • 前提1)システム構成
    • 親機メッシュAirStation(MTR-M2133HPまたはWRM-D2133HP)と中継機(WEM-1266)

【親機メッシュAirStation】 ))) 【WEM-1266】 ))) PC、スマホ

  • 前提2)親機のSSID と 旧ルーターのSSID(引っ越し機能を使う場合)
    • 新規設置する親機メッシュAirStationのSSISは Buffalo-XXXX とする
    • 旧ルーター(引っ越し機能の対象)の2つのSSIDは、Buffalo-G-YYYY と Buffalo-A-ZZZZ とする

新規設置した場合(引っ越し機能を使わない)には、親機のSSIDは1つだけ

  • 親機を新規設置した場合、親機メッシュAirStationのSSIDと同じSSIDが1つだけ出る
    • Buffalo-XXXX (親機と同じ。11aと11g共通のSSID)

引っ越し機能を使用した場合には、親機のSSIDは3つになる

  • 引っ越し機能を使用すると、親機メッシュAirStationのSSIDが、3つになる。内訳は、以下。
    • 親機のオリジナルのSSID(11a と 11g 共通)が1つ (Buffalo-XXXX)
    • 引っ越し機能で引き継いだ11gと11aのSSIDが2つ (Buffalo-G-YYYY と Buffalo-A-ZZZZ)

Connectで設定した中継機WEM-1266も、親機と同じSSIDが出る

  • 新規設置した親機と設定した、中継機WEM-1266のSSIDは、親機と同じ1つのSSIDが出る
  • 引っ越し機能を使用した親機と設定した、中継機WEM-1266のSSIDは、親機と同じ3つのSSIDが出る

 

参考)WEM-1266をAmazonで購入するなら

 

参考)詳細不明だが、引っ越し機能を使用した場合のSSIDの数が5つになる、という以下のような異見もある。

引っ越し機能を使用した場合には、親機のSSIDは5つになる

  • 引っ越し機能を使用すると、親機メッシュAirStationのSSIDが、5つになる。内訳は、以下。
    • 親機のオリジナルのSSID(11a と 11g 共通)が1つ (Buffalo-XXXX)
    • 引っ越し機能で引き継いだ11gと11aのSSIDが2つ (Buffalo-G-YYYY と Buffalo-A-ZZZZ)
    • 添え字「-4」付きの11gと11aのSSIDが2つ (Buffalo-G-YYYY-4 と Buffalo-A-ZZZZ-4)
      • 添え字「-4」は、他の数字「-3」「-2」などの場合もあるかもしれない(詳細不明)
      •  (なぜ、添え字付きのSSIDが増えるか、理由は不明。環境によっては、添え字付きSSIDがない場合もあるかもしれません)

Connectで設定した中継機WEM-1266も、親機と同じSSIDが出る

  • 新規設置した親機と設定した、中継機WEM-1266のSSIDは、親機と同じ1つのSSIDが出る
  • 引っ越し機能を使用した親機と設定した、中継機WEM-1266のSSIDは、親機と同じ5つのSSIDが出る

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。