法人向け無線LANアクセスポイント(WAPM、WAPS)のVLAN設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローの法人向け無線LANアクセスポイント(WAPM、WAPS)のVLAN設定の方法を説明。機種ごとに2つのグループに分けて設定手順を説明。VLANモードには、4種類ある(Untagged Port/Tagged Port/Multiple/Hybrid)

アクセスポイントのVLAN設定

まず、設定画面を開いて、ファームウェアを最新に

WAPM-1166Dなど(法人向けアクセスポイント)のVLAN設定手順

WAPM-1166DWAPM-APG600HWAPS-300WDPWAPS-APG600H、WAPS-AG300H など、ほぼ同じ設定手順です。
基本的に、以下の1)のみでVLAN設定可能。WDSのVLAN設定が必要なら3)で設定。

1)AP全体(有線2つと無線)のVLAN設定可能、設定状況の確認可能

  • [LAN設定][VLAN設定](ページ40/94)
    • 有線LAN端子(#1、#2)のVLAN設定を行う
    • 無線LANのVLAN設定を行う
    • インターフェースVLAN
      • 有線ポート(#1、#2)と各SSIDのVLANモード、VLAN ID(追加VLAN ID)を設定する
      • VLANモード(Untagged Port/Tagged Port/Multiple)
        • Untagged Port (VLAN IDを設定)
          • タグなしフレームのみ受信。受信したフレームは指定したVLAN IDを付加してほかのLAN端子へ転送。
            送信時には指定したVLAN IDを持つフレームのみを転送する(このとき、タグは付加されない)
        • Tagged Port(VLAN IDは設定しない)
          • タグ付きのフレーム(IEEE802.1Q準拠)を送受信できる。
            Tag VLAN対応のスイッチなどと組み合わせることで、異なるIDが混在したVLANネットワークの中継を行うことができる
        • Multiple(VLAN IDを設定)(Multipleの時のみ、追加VLAN IDも設定可能)
          • Untaggedの動作に加え、追加VLAN IDに指定したIDを持つフレームも転送する(このとき、タグは付加されない)
    • 管理VLAN
      • 管理VLANのVLAN ID(1~4094)を設定する。
        • 参考)管理VLANに有線LANからアクセスできるように、管理VLAN IDに設定できる値の条件は以下。
          • 有線ポートのいずれかが「Tagged Port」であること。 又は
          • 有線ポートがいずれも「Untagged Port」の場合 → いずれかのポートの「VLAN ID」が管理VLAN IDと同じであること。

2)無線(SSIDごと)のVLAN設定・確認だけなら、ここでも可能

3)WDSのVLAN設定・確認は、ここで設定

  • [無線設定][WDS](ページ56/94)
    • WDS接続に関連づけるVLANのネットワークIDを設定する
      • VLANモード(Untagged/Tagged)
        • Tagged : タグ付きLAN端子として定義する
        • Untagged : タグを付けないLAN端子として定義する
      • VLAN ID(Untaggedの場合のみ設定必要)

参考)AP全体のVLAN設定状況は、ここでも見える

  • [機器診断][システム情報](ページ75/94)
    • VLAN設定の状態を確認する(有線ポートやSSIDやWDSのVLANモード、VLAN ID)
      • 有線LANポート(#1,#2)のVLAN設定の状態
      • 11a、11gの各SSIDのVLAN設定の状態
      • WDSのVLAN設定の状態

 

WAPM-1266WDPRなど(法人向けアクセスポイント)のVLAN設定手順

WAPM-1266WDPRWAPM-1266WDPRAWAPM-1266RWAPS-1266WAPM-1750DWAPM-2133RWAPM-2133TR など、ほぼ同じ設定手順です。
基本的に、以下の1)のみでVLAN設定可能。リピーター機能(WDS)のVLAN設定が必要なら3)で設定。

1)AP全体(有線と無線)のVLAN設定可能、設定状況の確認可能

  • [LAN設定][VLAN設定](ページ27/82)
    • 有線LAN端子(#1)のVLAN設定を行う
      • (有線LAN端子(#2)のVLAN設定はできない。だから、VLANモードにHybridを追加したのかも。)
    • 無線LAN(SSIDごと)のVLAN設定を行う
    • インターフェースVLAN
      • 有線LAN端子(#1)と各SSID(無線機能有効時)のVLANモード、VLAN IDを設定する
        • 有線LAN端子(#1)のデフォルトは、Hybrid(VLAN ID=1)
        • 各SSIDのVLANモードのデフォルトは、Untagged Port(VLAN ID=1)
      • VLANモード(Untagged Port/Tagged Port/Multiple/Hybrid)
        • Untagged Port (VLAN IDを設定)
          • タグなしフレームのみ受信。受信したフレームは指定したVLAN IDを付加してほかのLAN端子へ転送。
            送信時には指定したVLAN IDを持つフレームのみを転送する(このとき、タグは付加されない)
        • Tagged Port (VLAN IDは設定しない)
          • タグ付きのフレーム(IEEE802.1Q準拠)を送受信できる。
            Tag VLAN対応のスイッチなどと組み合わせることで、異なるIDが混在したVLANネットワークの中継を行うことができる
        • Multiple (VLAN IDを設定)(Multipleの時のみ、追加VLAN IDも設定可能)
          • Untaggedの動作に加え、追加VLAN IDに指定したIDを持つフレームも転送する(このとき、タグは付加されない)
        • Hybrid (VLAN IDを設定)
          • TaggedとUntaggedの両方のフレームを受信できる。
            本製品の管理VLANへUntaggedでアクセスできるように、スイッチと本製品間のVLAN IDを設定しておくと、本製品の設定を初期化しても設定画面を表示できる。
    • 管理VLAN
      • 管理VLANのVLAN ID(1~4094)を設定する。
        • 参考)管理VLANに有線LANからアクセスできるように、管理VLAN IDに設定できる値の条件は以下。
          • 有線ポートが「Tagged Port」であること。 又は
          • 有線ポートが「Tagged Port」以外の場合 → 「VLAN ID」が管理VLAN IDと同じであること。

2)無線(SSIDごと)のVLAN設定・確認だけなら、ここでも可能

3)リピーター機能(WDS)のVLAN設定・確認は、ここで設定

  • [無線設定][リピーター機能](ページ40/82) > 「通信可能なアクセスポイントの編集」
    • リピーター機能での接続に関連づけるVLANのネットワークIDを、設定する
      • VLANモード(Untagged/Tagged)
        • Tagged : タグ付きLANポートとして定義する
      • VLAN ID(通信可能なアクセスポイントのVLAN ID)

参考)AP全体のVLAN設定状況は、ここでも見える

  • [機器診断][システム情報](ページ65/82)
        • VLAN設定の状態を確認する(有線ポートやSSIDやリピーター機能のVLANモード・VLAN ID)
          • 有線LANポートのVLAN設定の状態
          • 2.4GHz、5GHzの各SSIDのVLAN設定の状態
          • リピーター機能(WDS)のVLAN設定の状態

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。