VLAN入門:企業ネットワークで必須のVLANを理解するために(これ読めば分かる)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

VLAN(Virtual LAN)とは何か、分かりやすく簡潔に説明する。その後、バッファローのVLANについて説明する。VLANの全体像を理解できるはずです。

日経XTECH「基礎から分かるVLAN入門」から引用

企業ネットワークの分割に欠かせないのがVLAN(Virtual LAN)だ。部署や用途別にネットワークを分割したり、来客のインターネット接続と社内ネットワークを分離したりするのに使う。

ネットワーク分割のメリット・デメリットから、VLANを使った分割の仕組み、実際の設定方法までを見ていこう。

参考文献)VLANの概略を理解するために

  • 日経XTECH 「基礎から分かるVLAN入門」
    • 「VLANでネットワークを分割するメリットとは?」メリットは3つ
      • ネットワークを分割すれば、ブロードキャストパケットは同一セグメント内の機器にしか届かないようになる。これにより、ネットワークの混雑を緩和できる。
      • ネットワークを分割することで、企業ネットワークの担当者が頭を悩ませる、「ループ」による悪影響を受ける範囲を狭められる。
      • 「ウイルスの活動の制限」
    • 「ポートVLANとタグVLANの違いとは?」
      • シスコの用語「アクセスポート」は、バッファローの用語「Untagged ポート」と同じ
      • シスコの用語「トランクポート」は、バッファローの用語「Tagged ポート」と同じ
    • 「VLANを設定してみよう」
      • L2スイッチは、異なるVLAN宛てのパケットを中継しない(VLAN同士は通信できない)。
      • VLAN同士を通信させる方法は2つ
        • L2スイッチをL3スイッチに置き換えて、VLAN同士をつなぐ方法
        • 既存のL2スイッチで構築したVLANにL3スイッチを追加して、VLAN同士をつなぐ方法
          • (L2スイッチのTaggedポートに、L3スイッチをつなげることで実現)
    • 「VLANを用途に合わせて賢く使う」
      • VLANを使って分離することで、VLAN1を流れるブロードキャストパケットがVLAN2に届かなくなり、混雑の影響を受けにくくなる。
      • 来客用のVLANを作って、業務用と分離

バッファローのL2スイッチのVLANについて

  • バッファローのスイッチにはIPアドレスが用意されている
    • 初期値 192.168.11.254
    • (ネットワーク経由で管理画面にアクセスして設定を行うため)
  • 「Tagged ポート」 : VLANタグを付与して、送信するポート
    • → 複数のSWを接続するポートに使用
  • 「Untagged ポート」 : VLANタグを除去して、送信するポート
    •  → PCやルーターなどを接続するポートに使用
  • 「Not Member ポート」 : VLANのメンバーでないポート
  • PVIDについて : タグなしのパケットを受信したときに、どのVLANに送信するかをPVIDによって判断する。( = PVIDのVLANから来たと判断する )

VLANの設定方法は、BS-GS20シリーズの「設定事例」を参照

参考)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。