TP-Linkの無線ルーターのポート開放、仮想サーバー、ポート変換の設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

TP-Link製の無線ルーターのIPv4でのポート開放(仮想サーバー、ポートフォワーディング、ポート変換、ポートマッピング)の設定方法を具体的に説明。プロトコルやポート番号が不明な場合には、ポート開放ではなくて、DMZを使用することも可能。マイクラ(Minecraftマインクラフト)などゲームアプリなどではよく使用する機能です。

ルーターのポート開放の設定方法

 

最初に確認すること

  • ルーター設定の前に、まずポート開放する「プロトコル」と「ポート番号」を明確にすること。
    • カメラメーカーやゲームソフトのメーカーに問い合わせるなど。
  • 上位にルーターがいないことを確認すること
    • (ダブルルーターだと、上位のルーターを設定する必要がある)。

ポート開放の設定手順の概要

  1. ポート開放する内容(プロトコルとポート番号)を明確にする
    1. プロトコル TCP、UDPなど
    2. ポート番号 80番、443番など
      • 例)プロトコルがTCPで、ポート番号が 80、443、3478、3479、3480
      •   プロトコルがUDPで、ポート番号が 3478、3479
  2. ルーター設定画面で、ポート開放の設定をする
    • 端末(PCやNASやカメラなど)のIPアドレスを知っておくことが必要

ポート開放の具体的な設定手順の例(TCP9001番ポート、UDP9001番ポートを開放)

  • 具体例)TP-Linkルーターの設定画面で、TCP、UDPの9001番ポートを開放
    • 転送][仮想サーバー]メニューで[新規追加]クリックして
    • サービスポート(9001)、端末(PCやNASやカメラなど)のIPアドレス(192.168.0.91)、
    • 内部ポートは(空白)、プロトコル「すべて」、ステータス「有効」で
    • [保存]クリック

TP-Linkルーターのポート開放

    • ポート開放(仮想サーバー)の設定が追加される

TP-Linkルーターのポート開放(仮想サーバー)設定

 

ポート番号やプロトコルがわからない場合には、DMZを利用

DMZ(DeMilitarized Zone 非武装地帯)を利用する場合の注意

  • DMZとは、何か? ← この説明が初心者にもわかりやすい
  • 外部(インターネット)からアクセス可能となる端末を、固定IPアドレスで指定する
  • 固定IPアドレス(例:192.168.11.91)の端末のポートを全て開放することになる

DMZの設定手順の詳細

参考)ポート番号を指定したURLへのアクセス例

  • ポート番号9001を指定したURLの例      https://kuritaroh.com:9001/

参考)バッファローのルーターのポート開放

参考)IPv6(v6プラス)のポート開放

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。