DDNS(DynamicDNS、ダイナミックDNS)の登録・設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

DDNS(DynamicDNS、ダイナミックDNS)とは

  • 分かりやすいドメイン名を、常時接続環境を利用する自宅のルーターに対して付与するサービスがDDNSである。
  • ユーザーは分かりやすいドメイン名を、ブラウザに入力するだけで、自宅のルーターにアクセスできる。
システム構成としては2つ
  1. DDNSサービス(バッファローが運営するBuffaloDDNSなど。Internet上にある)
    • ドメイン名とIPアドレスとを、ひと組のセットとしてDNS登録しておく
      • ドメイン名は、 ***.bf*.jp (例えば、kuritaroh.bf2.jp など)
    • DNS登録するには、製品シリアル番号(ルーター)の入力が必要
      • 新規登録すると、ユーザーIDが発行される(パスワードは自分で決める)
      • 登録を変更するには、ユーザーIDとパスワード、製品シリアル番号が必要
      • DNS登録作業は、ルーター設定画面のDDNS「登録/設定変更を行なう」ボタンから実施
        • (DDNSの登録ページが表示されるので、そこから登録する。登録完了のメールが届く)
  2. ルーター(自宅に設置してあるルーター)
    • ルーターは、Internet側のIPアドレスを上記DDNSサービスに、自動的に通知する機能を持つ
      • (ルーターのInternet側IPアドレスは、PPPoEなどの接続のたびに変わるので通知が必要)

バッファローDDNSの登録方法

このページ( http://buffalo.jp/support_s/ddns/ )から見始めるのが、一番分かりやすい。

などが、わかりやすく説明されている。DDNSがわからない人は先ず、ここを読むのが一番。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です