TP-Linkの無線ルーターのDDNS(DynamicDNS、ダイナミックDNS)の登録・設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

TP-Linkの無線ルーターのDDNS(DynamicDNS、ダイナミックDNS)の登録方法を具体的に説明。DDNSとは何かも説明。

TP-Linkの無線ルーターのDDNSの登録・設定方法

DDNS(DynamicDNS、ダイナミックDNS)とは

  • 分かりやすいドメイン名を、常時接続環境を利用する自宅のルーターに対して付与するサービスがDDNSである。
  • ユーザーは分かりやすいドメイン名を、ブラウザに入力するだけで、自宅のルーターにアクセスできる。
システム構成としては2つ
  1. DDNSサービス(Internet上にある)
    • TP-Linkが運営するTP-LINK DDNS
    • ドメイン名とIPアドレスとを、ひと組のセットとしてDNS登録しておく
      • 例)ドメイン名: kuritaroh.tplinkdns.com
    • TP-LinkクラウドでTP-Link IDの作成・紐付けが可能です
  2. ルーター(自宅に設置してあるルーター)
    • ルーターは、Internet側のIPアドレスを上記DDNSサービスに、自動的に通知する機能を持つ
      • (ルーターのInternet側IPアドレスは、PPPoEなどの接続のたびに変わるので通知が必要)
  •  

TP-LINK DDNSの登録方法

参考)管理画面の表示方法

参考)No-IP

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。