WEM-1266(メッシュ型中継機)のつながらないトラブルの解決方法、武器

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WEM-1266(メッシュ型中継機)のつながらないトラブルを解決する方法を説明。

親機がWTR-M2133HP(またはWRM-D2133HP)で、メッシュ型中継機(WEM-1266)が複数ある場合のトラブルは、その現象の把握、原因の追及、解決が難しい。原因追及するためのツールと方法をメモしておく。今後、随時追加の予定。

WEM-1266のIPアドレスと管理パスワード

  • LAN側IPアドレス : 192.168.11.210 (255.255.255.255)
  • 管理ユーザー名/パスワード : admin/password

WEM-1266(mesh型中継機)のトラブルの解決が困難な理由

  • 特に複数のWEM-1266を使用する場合には、原因追及が難しい。その理由は
    • SSIDが1つのため、端末が、どの中継機と通信しているのかの特定がむずかしい
    • 端末(PCやスマホ)からの通信経路の特定がむずかしい

手順1)WEM-1266のボタンやランプ状態

WEM-1266のPOWERランプをまず、チェック

  • POWERランプが、白青の交互点滅の場合、
    • 親機の電波が受信できない状態なので、親機のより近くに設置場所を移動する
  • POWERランプの状態は以下を参照
    • WEM-1266 ユーザーマニュアル「第6章 付録 各部の名称とはたらき」ページ49/53
      • 点滅(白): システム起動中、または終了中
      • 点灯(青): 無線 未設定状態
      • 交互点滅(白/青): 無線 未接続 (親機の電波強度が弱すぎる)
      • 点灯(白): 無線 接続中(電波良好)
        • 電波が弱い場合、2秒ごとに瞬間的に青色点灯します。
      • 点滅(橙): エラー発生時
        エラー発生時は、本製品の電源を入れ直す。再びランプが橙色に点滅している場合は、サポートセンター問い合わせる。

手順2)スマホアプリ connect について

  • iOS12の端末ではConnect3.0は正常に動作しません(電波強度のレベルメーター部分が正常でない)
    • Connect3.1以降にupdateしてください。
    • または、Andoridか他VersionのiOSの端末で設定する必要があります。
  •  バッファロー公式情報を参考にしてください。
  • 親機・中継機のIPアドレスとMACアドレスと設置場所とを把握して、一覧表を作る
    • Connectで親機や中継機をタップすると、それぞれのIPアドレスとMACアドレスが表示される

手順3)tracert 8.8.8.8  arp -a

  • PCのコマンドプロンプトで >tracert 8.8.8.8 を実行
    • これで、PCから8.8.8.8(googleDNSサーバー)までに経由する機器のIPアドレスと順番がわかる。
    • WEM-1266のIPアドレスと見比べて、どのWEM-1266が正常に動作しているか確認する
  • PCのコマンドプロンプトで >arp -a を実行
    • これで、PCと同一のセグメントの機器の一覧がわかる。
    • 把握している親機と中継機WEM-1266 とが、全て一覧に表示されているか確認する。

 

トラブル状況を把握するための道具

システム全体(親機・中継機・端末)の把握のためのツール

  • PCと同じネットワークの機器(親機・中継機・端末)を把握するツール : arp
  • PCからインターネットまでの通信経路を把握するツール : tracert
  • PCの通信関係の情報を把握するツール : ipconfig
  • PCと別の機器とが通信できるかを把握するツール : ping

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です