FS-600DHPのゲートウェイ機能(大型施設でもFREESPOTサービスエリアを拡張、最大200台)の設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

FS-600DHPの「ゲートウェイ機能」を利用すると、接続した複数の法人向け無線LANアクセスポイントをFREESPOT(無料WiFi)として利用でき、大型施設などでもメール認証やポップアップなどの機能を利用したサービスエリアを拡張することができる。

複数の無線LANアクセスポイント全体で、最大200人まで同時に通信可能。

実現方法の概要

  • システム構成
    • 【モデム】—【FS-600DHP】—【BS-GSスイッチ】—【WAPM】、【WAPS】)))  端末
  • 使用する機器は以下3種類
    • FS-600DHP 1台
    • BS-GSシリーズ(ビジネススイッチ) 1台
    • WAPM,WAPSシリーズ(法人向けアクセスポイント) 複数台
  • 使用機器の設定概要
    • FS-600DHPのゲートウェイ機能を使用し、無線機能はオフにする。
    • BS-GSスイッチをインターネットマンションモードで使用する。
      • スイッチのUplinkポートに接続 : FS-600DHPと管理用PC
      • スイッチのDownlinkポートに接続 : 法人向け無線LANアクセスポイント
    • 法人向け無線LANアクセスポイント
      • FREESPOT(無料WiFi)用のSSIDを設定し、
      • プライバシーセパレーターをSTAセパレーターに設定(接続中の端末間で通信できないようにする)

具体的な設定方法は以下(詳細な手順が記述されている)

「法人向け無線LANアクセスポイントを使用して、より大規模な環境を構築する」ページ101/107

参考)インターネットマンションモードの設定方法

参考)FS-M1266 (法人向けのFREESPOT)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です