FS-M1266 フリースポットルーターの設定方法、つながらない対策(公共エリア用、256台)(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローのFS-M1266(法人向けFREESPOT対応ルーター、端末最大 256台接続可能)の特徴、設定方法、設定事例を説明。VLAN、802.1X(TLS/TTLS/PEAP)にも対応。「IEEE 802.11ac」(Wi-Fi5)に対応。「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi6)には、未対応。

FS-M1266 フリースポットルーターの設定方法

FS-M1266のインターネットへの接続

  • IPv4接続にのみ対応、IPv6接続(IPoE/IPv4 over IPv6)には未対応。
  • 高速無線LAN規格「IEEE 802.11ac」(Wi-Fi5)に対応。「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi6)には、未対応。
  • FS-M1266のWAN側設定は3種類可能(FS-M1266はルーター機能 および DHCPサーバー機能を持っている)
    • 手動設定 : 固定IPアドレスを設定
    • DHCPクライアント(上位のDHCPサーバーからIPアドレス取得)
    • PPPoEクライアント : プロバイダ情報を設定

FS-M1266の設置と初期設定の手順

環境に合わせて、詳細に設定(以下の設定事例を参考) 

その他

ファームウェアを更新

発生する現象)
・接続した端末からのインターネットサイトの名前解決ができず、通信ができなくなる
・無線は接続できているがユーザ認証の画面が表示されない(未認証端末)
・無線は接続できているがインターネットにつながらない(認証済端末)
・スマートフォンで接続した場合、一旦無線は接続できるが、4Gでの通信になる
・対象機器を再起動すると一旦復旧する

端末同時接続台数

  • 最大256台(5GHz:128台、2.4GHz:128台)
    • 2.4GHz 及び 5GHz同時通信 可能

緊急時モード

ポート開放、ポート変換

機能など

  • DHCPサーバー機能(LAN側)を持っている。
  • PoEに対応 : :IEEE 802.3af、IEEE 802.3at に対応
  • ポートベースVLAN に対応
  • MAC-RADIUS認証 に対応
  • 壁掛け・天井設置 可能 (金具を標準添付)
  • セキュリティケースを標準添付
    • 製品を固定するねじ穴や、配線ポート、リセットボタンを保護する
    • 設置後にセキュリティカバーにカギをかけることで、いたずらしにくい設置が可能
  • アンテナは内蔵

WLS-ADT

  • WLS-ADT(SNMPで管理できる)は必須ではない。WLS-ADTを使用することは可能。
  • WLS-ADT 試用版 (サポート対象外)
    • WLS-ADT の試用版(インストールした時点から60日間に限り、試用可能)

FREESPOT導入キットを二重ルーター(ダブルルーター)で導入する場合

FS-M1266と他機種(FS-600DHPとFS-R600DHP、FS-S1266)との違い

拡張アシスト機能は使用できない

  • FS-600DHPでの「拡張アシスト機能」(ブリッジモードで接続)は、FS-M1266、FS-S1266では使用できない。

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。