IPv6(v6プラス、IPv6オプション)でPPPoEパススルーを使用して、プレステ4のオンラインゲームを動かす設定方法(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

IPv6(v6プラス、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト、transix、DS-Lite、クロスパス)でプレステ4(PS4)オンラインゲームを動かす方法。バッファロー製ルーターのPPPoEパススルーを使用する場合の、システム構成や設定方法を説明。IPv6接続が、transix、DS-Lite、クロスパスの場合には、IPv6接続ルーターでのポート開放はできないため、PPPoEパススルーを使用する以下の方法で実現することになる。

PPPoEパススルーを使用して、「IPv6」と「IPv4 PPPoE」接続を併用

前提)PPPoEパススルーを使用する理由

  • オンラインゲームでは、接続ユーザーごとに1つのグローバルIPアドレスを使用することが必要。
    • 従来の「IPv4 PPPoE」方式では、接続ユーザーごとに1つの(IPv4の)グローバルIPアドレスが割り当てられていた
    • v6プラスでは(IPv6オプション、OCNバーチャルコネクトも)、MAP-E方式が採用されている。この方式では、1つの(IPv4の)グローバルIPアドレスを複数ユーザーで共有する
      • つまり、v6プラスでは、1つの(IPv4の)グローバルIPアドレスを占有使用できない
  • 従って、1つの(IPv4の)グローバルIPアドレスを占有使用するために、ルーター(v6プラス接続)とは別の機械で「IPv4 PPPoE」設定する必要がある。その設定場所が2通りある。
    • PS4で「IPv4 PPPoE」設定するのが、方法1)
    • 別のルーターで「IPv4 PPPoE」設定するのが、方法2)
  • 従って、ルーター(v6プラス接続)では、PPPoEパケットに対して何もせず素通りさせるため、「PPPoEパススルー」設定する

方法1)PS4でPPPoE設定する

  • システム構成は

【モデム】—【ルーター(v6プラス接続)(PPPoEパススルー)】—【PS4(IPv4 PPPoEを設定)】

方法2)ルーターでPPPoE設定する(ルーターを2台使用する(Wルーター))

  • システム構成は

【モデム】—【ルーターA(v6プラス接続)(PPPoEパススルー)】—【ルーターB(IPv4 PPPoEを設定)】—【PS4】

 または

【モデム】—【ルーターA(v6プラス接続)(PPPoEパススルー)】—【ルーターB(IPv4 PPPoEを設定)】)))【PS4】

参考)以下のサイトの説明がわかりやすい

参考)IPv6(v6プラス、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト)では、PPPoEパススルーを使用しなくても、ポート開放が可能

  • IPv6接続(v6プラス、IPv6オプション、OCNバーチャルコネクト)では、「利用可能ポート」があるので、ポート開放できる

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。