ステルスSSID(他の端末から無線ルーターのSSIDを見えなくする)の設定方法(TP-Link、エレコム、NEC、IODATA、ASUS)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

他の端末(スマホやタブレット、パソコンなど)から無線ルーターのSSIDを見えなくするための、ステルスSSIDの設定方法を説明。無線ルーターのメーカー別(TP-Link、エレコム、NEC、IODATA、ASUS、バッファロー)に説明。他人がSSIDを検索できなくなるので、ネットワーク名(SSID)を知らない第三者からの接続は行えなくなり、セキュリティが高くなる効果あり。

無線ルーターのステルスSSIDの設定方法

 

ステルスSSID機能の概要

  • 他の無線LAN端末から不正にアクセスされないようにする機能
  • 無線LANルーターは、通常、自分のSSIDを常時送信している。端末はそのSSIDを表示させてその中から接続するSSIDを選択することが可能。ステルスSSID機能は、無線LANルーターがSSIDを送信しないようにする設定。
  • ルーターモード、APモード(アクセスポイントモード、ブリッジモード)に関係なく、設定可能

TP-Linkの設定手順

  • 無線ルーターの管理画面を表示して、以下の設定(機種により、種類あり)
    • [基本][ワイヤレス]の「SSIDを隠す」チェックON または
    • [ワイヤレス2.4GHz(5GHz)]の「SSID ブロードキャストを有効にする」チェックOFF

エレコムの設定手順

  • 無線ルーターの管理画面を表示して、以下の設定(機種により、種類あり)
    • [Wi-Fi][メインSSID][2.4GHz(5GHz)][詳細設定 +]の
      • 「ステルス機能」の「有効/無効」

NECの設定手順

以下のリンク先で、機種名を選択すれば、設定手順がわかる(手順は機種により、異なる)

  • 無線ルーターの設定画面(クイック設定Web)を開いて、設定する
    • [Wi-Fi(無線LAN)設定][Wi-Fi詳細設定(2.4GHz/5GHz) ]の
      • 「ESS-IDステルス機能(SSIDの隠蔽)」を「ON/OFF」
  •  注意)
    • ステルス設定を有効にすると、Wi-Fi(無線LAN)子機によっては接続できなくなる場合がある。
    • また「WPS機能」を使ったWi-Fi(無線LAN)子機の増設に失敗する。
      • 「WPS機能」に対応しているAtermで、ステルス機能を使ってWi-Fi(無線LAN)子機の増設設定を行う場合は、ESS-IDステルス機能をいったん解除します

IODATAの設定手順

ASUSの設定手順

  • 無線ルーターの管理画面を表示して、以下の設定(機種により、種類あり)
    • [ワイヤレス][全般]で、「バンド」を「2.4GHz/5GHz」選択して
      • 「SSIDを非表示」を「はい/いいえ」

バッファローの設定手順(ANY接続拒否)

 

参考)ANY接続拒否のSSID、ステルスSSID への接続方法

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。