WMR-300の設定方法、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

WMR-300の設定方法を、使用形態ごとにわかりやすく説明。

WMR-300には、動作モード(ルーターモードとブリッジ(AP)モード)を切り換えるための、物理的なスイッチがないです。まずRESETして、ルーターモードにして設定画面に入ってから動作モードを切り替えます。

WMR-300 マニュアル

WMR-300の使用形態

  • ホテルなどの有線LANをWiFi化       : ルーターモード か ブリッジモード
    • 【上位ルーター】———【WMR-433W】))) PC、スマホ

WMR-300 使用上の注意点

  • PPPoEを使用する機能なし(CATVなどのDHCPには使用できる)
    • PPPoE機能を搭載していないため、PPPoEによるユーザー認証が必要なプロバイダーを使う場合には、ルーターとしては利用できない
  • USBケーブルで、電源を供給(通信には使用しない)
  • LAN側IPアドレスは 192.168.13.1
    • [RESET]ボタンを押す(6秒以上)と初期化されて、このIPアドレスになる
  • ルーターモード時は、DHCPサーバー機能を持つ(192.168.13.2 から 64台)

WMR-300の具体的な設定方法

ホテルなどの有線LANをWiFi化 : ルーターモード か ブリッジモード

まず、WMR-300をRESET(POWER/DIAGランプが赤く点灯するまで(約3秒間)ボタンを押す)。最初にルーターモードでつないでみる。だめなら、ブリッジモードにしてみる。

  1. 上位ルーター(客室LAN端子)とWMR-300とをLANケーブルで接続する。
  2. WMR-300の電源をOFFして、10秒してから再度電源をONする(念のため)。
  3. 端末(PCやスマホ)で、WMR-300のSSIDに無線接続する。
  4. これでだめなら、以下の方法で、ブリッジモードにする。
    1. WMR-300と端末(PCやスマホ)とを無線接続する
    2. 端末のブラウザで192.168.13.1からログインして、
    3. 設定画面に入り、ブリッジモードに設定する。

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。