バッファローのビジネススイッチ(BSシリーズ)のVLANでのMACフレーム転送の考え方

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファローのビジネススイッチ(BSシリーズ)のVLANでの、MACフレーム転送の考え方を説明。L2(レイヤー2)スイッチでのフレーム転送の考え方を説明。

ポートVLAN、タグVLAN(L2スイッチでのフレーム転送の考え方)

PVID(Port VLAN ID)の考え方

  • PVIDは、タグ無しのフレームを受信した場合にのみ、参照する!従って、出力ポートのPVIDを考慮する必要はない
  •  入力に対しての、ポートに設定されたPVIDの使い方
    • タグ付きフレームを受信した場合は、PVID とは関係なくタグ付きフレームのVLAN IDを参照し、送信先のVLAN を決定する
    • タグ無しフレームを受信した場合は、PVIDと同じタグ(VLAN IDはPVIDと同じ)を付加する
  • 出力に対しては、
    • Taggedポートなら、タグを付加して出力
    • Untaggedポートなら、タグを取って出力

Taggedフレーム(Tag付きフレーム)が、入ってきた場合

入力 入力ポート 転送動作 VLAN 出力ポート 出力
Taggedフレーム
(VLAN ID=20
Tagged Port
(PVIDある)
VLAN IDが違うので、転送しない VLAN ID =10 Tagged Port
注1
Untagged Port
(PVID=10)
Untagged Port
(PVID=20
Not Member
  VLAN ID =20 Tagged Port ◎ 
注2
  Untagged Port
(PVID=10)
◎ 
注2
  Untagged Port
(PVID=20
◎ 
注2
  Not Member
Untagged Port
(PVID=1)注3
転送せず廃棄    
Not Member 転送せず廃棄    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    • Tagged Port に入ってきたTaggedフレーム(Tag付きのMACフレーム)は、
      • 注1)Tagged Portであっても、VLAN ID が異なるVLANのPortには転送はしない
        • (入力Tagged PortにもPVID設定あるが無視する)
      • 注2)VLAN ID(例では20)と同じVLAN IDの、 VLANに属するTaggedPort 、Untagged Port には転送される
    • 注3)Untagged Port に入ってきたTaggedフレーム(Tag付きのMACフレーム)は、廃棄する

Untaggedフレーム(通常のTag無しフレーム)が、入ってきた場合

入力 入力ポート 転送動作 VLAN 出力ポート 出力
Untaggedフレーム
(Tag無しフレーム)
(PC等から) 
Tagged Port
(PVIDある)
注4
転送せず廃棄    
Untagged Port
(PVID=20
PVIDと違うVLAN IDなので、転送しない VLAN ID =10 Tagged Port
Untagged Port
(PVID=10)
Untagged Port
(PVID=20)
Not Member
  VLAN ID =20 Tagged Port ◎ 
注5
  Untagged Port
(PVID=10)
◎ 
注5
  Untagged Port
(PVID=20)
◎ 
注5
  Not Member
Not Member 転送せず廃棄    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    • 注4)Tagged Port に入ってきたUntaggedフレーム(通常のTag無しMACフレーム)は、廃棄する
      • (入力Tagged PortにもPVID設定あるが、無視する)
    • 注5)Untagged Port に入ってきたUntaggedフレーム(通常のTag無しMACフレーム)は、
      • 入力ポートのPVID(例では20)と同じVLAN IDの、VLANに属するTaggedPort 、Untaggedポートには転送する(出力ポートのPVIDに関わらず)

参考)BSシリーズのVLANでのフレーム転送・破棄に関する設定項目

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。