有線・無線ルーター(バッファロー)で、IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)を有効にする設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

バッファロー製の無線ルーター、有線ルーターで、IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)を有効にする設定方法を具体的に説明。ひかりTVが見えない場合、フレッツ・サービス情報サイト、フレッツ・ウイルスクリア、フレッツ・v6アプリ、フレッツ・ドットネット、フレッツ・スクウェアv6 を利用する場合の設定。

まず、ファームウェアを最新版に更新しよう

  • IPv6関連では、不具合の修正が頻繁に実施されているので、まずはファームウェアを最新に更新しましょう。
    • 具体例)
      • WXR-1900DHP の変更履歴
        • Ver.2.49[2020/04/01] 【不具合修正】
          ・IPv6ブリッジ機能をご利用の場合に、無線LANに接続された機器がIPv6で通信できなくなる問題を修正しました。
      • WXR-1750DHP2 の変更履歴
        • Ver.2.57[2020/04/01] 【不具合修正】
          ・IPv6ブリッジ機能をご利用の場合に、無線LANに接続された機器がIPv6で通信できなくなる問題を修正しました。

IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)を「使用する」に設定する方法

参考「IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)」と「IPv6接続機能」とは別の機能

    • 「IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)」は、
      • IPv4接続の場合に使用する機能です(IPv6パケットだけを素通りさせる機能)
      • IPv6接続(IPoE,IPv4 over IPv6,v6プラス,IPv6オプション,transix,DS-Lite,MAP-E,OCNバーチャルコネクト,クロスパス,v6コネクト)をする機能とは全く別の機能です。
      • 例えば、有線ルーター(BHR-4GRV2,BBR-4HG,BBR-4MG)には、IPv6接続(IPoE,IPv4 over IPv6,v6プラス,IPv6オプション,transix,DS-Lite,MAP-E,OCNバーチャルコネクト,クロスパス,v6コネクト)をする機能はありません。IPv4接続のみ可能です。
      • 無線ルーターのIPv6接続機能については、以下を参照

参考)

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。