TP-Linkの無線ルーターで、IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)を有効にする設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

TP-Link製の無線ルーターで、IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)を有効にする設定方法を具体的に説明。ひかりTVが見えない場合、フレッツ・サービス情報サイト、フレッツ・ウイルスクリア、フレッツ・v6アプリ、フレッツ・ドットネット、フレッツ・スクウェアv6 を利用する場合の設定。

まず、ファームウェアを最新版に更新しよう

IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)を「使用する」に設定する方法

参考「IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)」と「IPv6接続機能」とは別の機能

    • 「IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)」とは、IPv4接続の場合に使用する機能です(IPv6パケットだけを素通りさせる機能)
    • 「IPv6パススルー機能(IPv6ブリッジ機能)」は、IPv6接続(IPoE,IPv4 over IPv6,v6プラス,IPv6オプション,transix,DS-Lite,MAP-E,OCNバーチャルコネクト,クロスパス,v6コネクト)をする機能とは全く別の機能です。

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。