TP-Linkの無線ルーターの簡易NASの初期設定方法、パソコンから見えない、つながらない対策

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

「簡易NAS」とは、TP-Linkの無線ルーターのUSB端子に、ハードディスク(HDD)やUSBメモリを接続すること。その簡易NASの初期設定方法、および簡易NASがパソコンから見えない場合のチェック方法と対策を記述。
(ルーターにLANケーブルで、HDDを接続する場合には、単に「NAS」と呼ぶ)

無線ルーターの簡易NASの設定方法(TP-Link)

簡易NASの設定方法、トラブル対策は、以下のリンクを参照

簡易NASの設定方法の概要

  1. HDD(USB接続)をフォーマットする(フォーマット済みなら、不要)
  2. ルーターの設定画面から、設定する
  3. 簡易NASにアクセスするPCの、ファイル共有の設定を行う
  4. PC(WindowsやMac)から簡易NASにアクセスする
  5. Windows10からのみ、アクセスできない場合には、SMBv1の設定を行う

具体的な設定手順の詳細

(1)USB接続のHDDのフォーマットは、FAT32、exFat、NTFS、HFS+(XFSでは、認識できない)
  • TP-Linkのルーターが認識できるフォーマットは、FAT32、exFat、NTFS、HFS+ のみ。
    • FAT12、FAT16、XFS は認識できない。
    • 新規購入したばかりのHDDのフォーマットは通常NTFS。
  • 容量は2TBまで。
    • 4TBのHDDは、ルーターではフォーマットもできない可能性もあり。
    • 4TBなら、2TB+2TBに分割して使用する必要がある。
  • PC(WindowsやMac)とHDDとをUSB接続して、必要ならHDDをフォーマットしておくこと。
    • フォーマットする場合には、必要なデータはあらかじめバックアップしておく。
(2)ルーターの管理画面で、[詳細設定] から設定
(3)簡易NASを見ようとするPC(Windows10,Windows8.1,Windows7など)の、ファイル共有の設定を確認
(4)PCから簡易NASにアクセスする
  • Windowsのブラウザ(IE)のアドレス入力欄に、ルーターのIPアドレスを入力する

例)「\\smb://tplinkwifi.net」または「¥¥smb://tplinkwifi.net」 (¥¥は半角) を入力

  • Macでは、メニューより、[移動]-[サーバへ接続]をクリックし、

「smb://tplinkwifi.net」を指定して共有フォルダーをマウント

(5)Windows10から見えない場合(Windows7や8.1では見えるのに)は、SMBv1を有効にする

機種ごとの、簡易NAS設定の方法

ルーターの管理画面の表示方法

参考)NAS

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。