ルーターとL2スイッチとL3スイッチとの違い(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

ルーターとL2スイッチとL3スイッチとの違いを説明。レイヤー2とレイヤー3の基本的な違い。1台のスイッチで、VLAN間の通信をしたい場合には、L3スイッチが必要。バッファローが、学校向け基幹スイッチ(L3スイッチ)「BS-XM30シリーズ」を販売中。

「ルーター」「L2スイッチ」「L3スイッチ」の違い・使い分けの理解

項目  \  機種 L2スイッチ L3スイッチ ルーター
役割(設置場所) LAN内の通信 WANとLANをつなぐ
小規模LAN 大規模LAN
プロトコル TCP/IPのみ マルチプロトコル
(TCP/IP以外との通信可)
VLAN間通信
コスト 安価 高価

 

 

 

 

 

 

 

  • 「ITSakura L2スイッチとL3スイッチの違い」がシンプルな説明でわかりやすい。 
    •  ルータはWANとLANをつなぐもの
    • L2スイッチは、基本的にはハブと同じ。小規模のLAN内の通信をつなぐもの
    • L3スイッチは、ほぼルーターと同じ(TCP/IP専用のルーター)。大規模のLAN内の通信をつなぐもの
    • VLANの設定は、スイッチ(L2スイッチ、L3スイッチ)で行う
    • L3スイッチ1台で、VLAN間の通信ができる(L2スイッチだけでは、VLAN間の通信ができない)

  • 「VLAN間の通信をしたい場合には、L3スイッチを採用」
  • 参考)「「ルータ」「L3スイッチ」の性能比較と接続イメージ」の説明図もわかりやすい

「L2スイッチ」「L3スイッチ」を使ったシステム例

  • 「VLANを設定してみよう」
    • シスコの用語「トランクポート」は、バッファローの用語「Tagged ポート」と同じ。
    • L2スイッチではVLAN同士は通信できない。従って、L3スイッチをTaggedポートにつなげて、VLAN間通信を実現した例

バッファローのL3スイッチは、BS-G3024MR と BS-XM30シリーズ

学校向け基幹スイッチ(L3スイッチ)「BS-XM30シリーズ」

参考)BS-GS20シリーズ(L2スイッチ)のL3モード時の設定

参考)VLAN

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。