BS-GS20,BS-GS20P(Giga対応レイヤー2スイッチ)の特徴と設定方法、事例(バッファロー)

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Giga対応レイヤー2スイッチ「BS-GS20シリーズ」とGiga対応レイヤー2 PoEスイッチ「BS-GS20Pシリーズ」の特徴と設置・設定方法を説明。「BS-GS20P/HPシリーズ」についても記載。

BS-GS20シリーズの特徴

  • 以下のURLが、BS-GS20シリーズの概要を把握するのに分かりやすいです
  • BS-GS20シリーズ の特徴
  •  「VLAN機能」
    • 「ポートベースVLAN」「タグVLAN」「マルチプルVLAN」に対応
    • 「インターネットマンションモード」に対応
      • アパート・マンションや宿泊施設におけるネットワーク内の折り返しを防止
    • VLANは、L2モードもL3モードも実装
      • L2モードでは、ルーティング機能は無い
      • (BS-GSL20シリーズのVLANは、L2モードのみ実装。L3モードは実装されていない)
  • 「QOS機能」
  • ファンレス筐体採用 (ただし、BS-GS2048だけは、ファンを搭載)
  • 保証期間
    • 標準で3年保証
    • 購入から30日以内にユーザー登録すると、保証期間を2年延長し、最長5年の保証
  • その他の以下の機能にも対応 「機能比較表」(ページ2/3)
    • IEEE802.1X(RADIUSサーバーの設定可)
    • SNMP
    • スパニングツリー
    • IPフィルター

製品の設置方法・各種情報

  • 「BS-GS20,BS-GS20P,BS-GS20/HPシリーズ ユーザーズマニュアル」
    • 「設置・導入ガイド」
      • ランプ や 各部の名称とはたらき
      • スチールデスク、壁、19インチラック への設置方法
    • 初期値
      • スイッチ名 : BS + 製品の MAC アドレス
      • IP アドレス : 192.168.1.254
        • バッファローのスイッチにはIPアドレスが用意されている(ネットワーク経由で管理画面にアクセスして設定を行うため)
      • サブネットマスク : 255.255.255.0
      • デフォルトゲートウェイ :  0.0.0.0
      • ユーザー名 / パスワード : admin/password

まず、IPアドレス(LAN側)を設定して、設定画面を表示する

BS-GS2016設定画面
BS-GS2016設定画面(https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/special/686235.html から引用)

 

単なるスイッチとして使用するには、VLAN ID=1(管理VLAN)で、詳細な設定を行うだけで良い

VLANの設定方法は、「設定事例」を参照

 

  • 参考メモ)
    • VLANのポート設定で、
      • 同じ VLAN ID の「Untaggedポート」は、普通のハブのポートと同じ動作をする・・・と考えれば、理解しやすいかも。
      • 「Not Memberポート」は、普通のハブで、LANケーブルを接続していないポートと同じ・・・と考える

参考)オーディオ向けのスイッチがある

参考)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。