WAPM-AX8R(WiFi6、WPA3、ゲストポート、公平通信制御に対応、WDS機能なし、バッファロー法人向け無線LANアクセスポイント)の設定方法

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)、WPA3、ゲストポート、公平通信制御に対応するバッファローの法人向けアクセスポイント「WAPM-AX8R」を設定する方法を説明。最大512台(各バンドにつき256台)の同時接続が可能で、学校教室やオフィスなどでの利用に適した設計(公平通信制御機能、ゲストポートなど)となっているのが特長。リピーター機能(WDS機能)には、対応していない。

WAPM-AX8R 以外のバッファロー法人向け無線LANアクセスポイント(WAPM、WAPS)はWiFi6(IEEE802.11ax)に対応していない(2021年8月現在)

WAPM-AX8Rの設定方法

注意)WAPM-AX8Rには、リピーター機能(WDS)なし。公平通信制御機能あり。

  • WAPM-AX8R「取扱説明書」 には、リピーター機能(WDS)の記載がない。
    • 現状、未実装(2021年8月26日現在)。今後のファームウェア更新によって提供されるのかもしれないが、不明。
  • 公平通信制御機能は、実装されている
    • 公平通信制御とは、複数の端末が同時に通信してもバラツキが発生せず平等に通信を行う機能
      • 例)多数のタブレットを利用する授業で、同時に動画再生しても、再生の遅延が生じにくく、快適な授業を行うことが可能
    • ただし、「取扱説明書」 には、公平通信制御の説明がない(WAPM-2133TRの取扱説明書にも記述がない)。
    • 公平通信制御のON/OFF設定は、できない。常にON。
    • 製品ページの「特長」に記述あり。

WAPM-AX8Rの情報

WAPM-AX8R の初期設定方法

ファームウェアを更新しよう

参考)WAPM-AX8R のMACアクセス制限の設定方法

WAPM-AX8Rのゲストポート(プライバシーセパレーター)

  • WAPM-AX8Rのプライバシーセパレーター(ページ59/103)では、以下の4つの設定が可能
    • 「STAセパレーター」
    • 「SSIDセパレーター」
    • ゲストポート
    • 「使用しない」
  • 「ゲストポート」はプライベートIPv4アドレス宛ての通信を禁止します。
    • 例外IPアドレス(最大5件まで)を設定すれば、プライベートIPv4アドレス宛ての通信可能 
    • ゲストポートの対象となるプライベートIPv4アドレスの範囲は以下の通り
      • 10.0.0.0 ~ 10.255.255.255(クラスA)
      • 172.16.0.0 ~ 172.31.255.255(クラスB)
      • 192.168.0.0 ~ 192.168.255.255(クラスC)

WAPM-AX8RのVLAN 設定方法

 

参考)

「Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax、以下11ax)」に対応した法人向けWi-Fiアクセスポイント「WAPM-AX8R」と専用セキュリティーケース「WLE-OP-SCC」。

法人向けアクセスポイントの機能比較表

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。